【計算機付き】PC電源80PLUSどれがいいの?電気料金調べてみたよ。

PC電源80PLUSどれがいいの?調べてみたよ。
PC電源80PLUSどれがいいの?調べてみたよ。
パソコンの電源ユニットって色々あるのだけれど結局どれを選べば良いのかわからないので、この際自分で選ぶ基準を作ってしまえと思い立ちました。
細かい部品や耐久性までは簡単に調べられないのでここでは80Plusのグレード毎に電気代変化をこの記事にまとめます。

なお、記事の内容には計算等が含まれますが雑な私がやったことなのでどこに間違いがあるかわかりません。あまり信頼せず参考程度にしてください。

ちなみにTOP画は7年全く不具合なくお世話になったCORSAIRの電源さん(80PLUSGOLD)。

結論:高すぎるグレードの80PLUSは必要ないかも

最初に結論を書いておくと当然ながらグレードの高い電源ユニットほど電気代がお得です。
そこに電源ユニットの販売価格を加味して判断するとブロンズが無難でそこから価格差が少なければ上位グレードに上げていくのをおすすめします。

使用時間が多い人ほどその恩恵が大きいので購入の際には80PLUSのグレードと電気料金計算してみることをおすすめします。
プラチナ以上は現状の製品価格と電気料金を基準にするとコスパは悪くなりそうです。
プラチナなどを選ぶなら保証期間や動作の安定性、耐久性などの電気料金以外の面でメリットがないか確認してみてください。

以下では今回の自由研究で色々調査した結果を書いておりますので気になった方はご覧ください。
おまけに簡易計算機もつけてみました。
計算機を使うにはここをタッチ!

80PLUSと電力変換効率について

80PLUSはパソコンのATX電源の性能指標です。
基準をクリアしていれば各電源に記載がありますが、詳細は以下の表のように各グレードごとに電力変換効率が異なります。
グレードごとの電力変換効率は次の表の通りです。

8-PLUS電力変換効率
80PLUS電力変換効率
計算機に戻るにはここをクリック!

電力変換効率と負荷率の予備知識

ひとつ上で紹介した表[80PLUS電力変換効率]をみるとわかりますが、電源ユニットは負荷率が50%のときに最も効率よく性能を発揮するように設計されています。
また高い負荷率で使い続けると寿命は短くなる傾向にあります。
これを考慮するとご自分の使うパソコンの消費電力が300Wだったとすると電源ユニットの容量は600W(消費電力の2倍前後)のものを選んでおくのがベターとされています。

電力変換効率が変わると何が違うのか

ATX電源は交流から直流に(簡単に言うとコンセントからパソコン用に)電気を変換しています。
しかしその変換を行う際に電力に損失が生じます。
例えば100Wの電力を得たとしてもそのまま100Wすべてが使えるわけではなく、効率に応じて実際に使えるのは80Wに減ってしまったりするわけです。

つまり電力変換効率が高いと消費電力を抑えられるということでもあります。

80PLUSのグレードによる電気料金の差を調査

80PLUSのグレードで電力変換効率が異なりますが、その差でどれほどの電気料金の差があるのかはっきり知っている人は少ないと思います。
一度パソコンを買い換えると数年使うと考えると僅かな差でも電気料金もそれなりの額になるはずです。
初期投資を抑えてグレードの低いものを買うか、高くても良い性能のものを買うのどちらがいいのでしょうか。
電気料金の観点から比較してみます。

電源の負荷ごとの各グレードの電気料金

80PLUSでは電源にかかる負荷ごとに電力変換効率が定められているので負荷ごとに各グレードの電気料金を比較します。
パソコンの買い換え時期は個人で異なるとは思いますが10年も経てば性能面でも買い替えたほうが快適に過ごせると思いますので10年間の電気料金を下に図示します。

計算条件

電気料金の計算条件は以下のように想定します。


パソコンの電源ユニットの容量:600W(ここでは消費電力はこの数値と負荷率によって決めます。)
一日の使用時間:8時間
1kWhあたりの電気料金単価:27円
使用期間:最大10年間
電源負荷率および電力変換効率は表[80PLUS電力変換効率]より


これらを用いて電気料金の計算を行います。
パソコンの使用環境は個人ごとに異なると思いますので別途簡易計算機は記事の下に用意しました。

80PLUS電気料金比較(負荷率20%)
80PLUS電気料金比較(負荷率20%)

80PLUS電気料金比較(負荷率50%)
80PLUS電気料金比較(負荷率50%)

80PLUS電気料金比較(負荷率100%)
80PLUS電気料金比較(負荷率100%)

80PLUSスタンダートを使用した時の電気料金と比較して各グレードがどれだけ電気料金が安いかを表しています。

例えば、図[80PLUS電気料金比較(負荷時20%)]では負荷20%の場合10年使い続けると約¥16000ほど電気料金が安いということになります。

具体的な数値は負荷率ごとに次の3つの表に示します。
こちらも80PLUSスタンダードを使用時の電気料金を基準としてどれだけの金額安くなるかということを示しているため、
読み取り方としては
【負荷率20%での3年継続した場合、ブロンズはスタンダードよりも¥865安くなる】
ということを表しています。
一度パソコンを購入したら3年ほどは継続使用したいという思いもあり3年使用時の電気料金は赤くしてあります。

80PLUS電力変換効率と電気料金比較
80PLUS電力変換効率と電気料金比較
負荷率50%で一日8時間、3年間使用すると考えるとブロンズで¥5000、ゴールドで¥10000ほど安くなるので電源ユニット一つ購入できてしまうような金額差になります。
購入時の価格差によっては少し高くてもグレードの高い電源ユニットの方がお得になります。

電源ユニットの価格差による選び方

ここまでで細かな料金出したので購入時の価格と電気料金についてもう少し突っ込んでみます。
次の表には各グレードとその価格差についてまとめます。
表の読み方としては例えば
【購入しようと思っている電源ユニットがブロンズだったとして、もう一つ比較対象がシルバーだったとします。ブロンズとシルバーの重なるマスの数値は¥2846となるのでブロンズの値段に+2846円以内でシルバーが購入できるならシルバーを購入したほうが電気料金としてはお得になる】
という流れです。主に自分用なので読み解き難いのはご容赦ください。

80PLUSグレードと購入価格の参考用
80PLUSグレードと購入価格の参考用

電源ユニットの選び方は電気料金だけではない

ここまで色々計算していますが、電源ユニットを選び方は電気料金だけではありません。
安定した動作はもちろん耐久性も大事です。
さらに静音性、見た目の格好良さなど重視する点は様々だと思います。
今回はあくまで購入価格と電気料金の比較という点に絞って検討してみました。
80PLUSという指標では表せない電源ユニットの性能もあるということに留意してください。
最後におまけでなんとなく作ってみたかった計算機を置いておきます。
よければ適当に記入して遊んでみてください。

電力変換効率を考慮した電気料金計算機はこちら

計算機
記入例
パソコンの消費電力 W 300W
電力単価(1kWhあたり) 27円
一日の使用時間 時間 8時間
電力変換効率(条件1)

変換効率表はこちら
% 80%(表を参照)
電力変換効率(条件2) % 85%
使用期間(年) 3年
電気料金概算(条件1) 条件1 条件1 ---- 円
電気料金概算(条件2) 条件2 条件2 ---- 円
条件1と2の電気代差額

計算機の使い方

(1)から(5)に入力して表の中にある【このボタンをクリックして計算する】を押すと電気料金を計算します。
(1)パソコンの消費電力:自分のパソコンのパーツ構成によって異なります。電源ユニットの容量ではないので注意してください。
(2)電力単価:ご家庭の契約プランによって異なります。よくわからない場合は27円前後にしておいてください。
(3)一日の使用時間:パソコンを使う時間
(4)電力変換効率(条件1):電力変換効率表から選んだ負荷とグレードで変換効率の数値を入力してください。
(5)電力変換効率(条件2):効率の違いによる比較用です。条件1と条件2の電気代の差額計算に使われます。

例:記入例は80Plusのスタンダードとブロンズで負荷50%を想定して比較しています。
(1)から(5)まで記入してボタンをクリックして計算すると条件ごとの電気料金とその差額がわかります。
記入例のとおりに入力した場合、ここでは3年の使用期間で約5000円の差額が発生していますので、ゴールドがスタンダードよりも5000円電気料金が安くなることがわかります。

サイトマップ(現在工事中)

調べてみたよ。記事一覧

 未分類

黒い砂漠MOBILE記事一覧

 知識

 雑記

MU LEGEND記事一覧

 アップデート・メンテナンス

 HOWTO/小ネタ

 その他データ

 装備強化

 アイテムデータ

 スキルデータ

 雑記

未分類記事一覧

 未分類

 

その他

このブログに関して

お問い合わせ

プライバシーポリシー

 

一部のページは非公開になっていることがあります。

プライバシーポリシー

以下に当ブログのプライバシーポリシーを記載します。

個人情報の利用目的

当ブログでは、メールでのお問い合わせなどの際に、名前、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。
これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。
本人のご了解がある場合
法令等への協力のため、開示が必要となる場合

 

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

 

クッキー(Cookie)および収集データの共有に関して

当サイトでは、一部のコンテンツについてCookie(クッキー)を利用しています。
Cookieとは、サイトにアクセスした際にブラウザに保存される情報ですが、お名前やメールアドレス等の個人を特定する情報は含まれません。
当サイトのコンテンツの改善やアクセスいただいた方々に効果的な広告を配信するためやアクセス解析Cookie等の情報を利用させていただく場合があります。この規約に関して詳しくはこちらを御覧ください。
ブラウザの設定により、Cookieを使用しないようにすることも可能です。
当サイトで利用しているアクセス解析、広告サービスは以下のとおりです。

Google analytics

Google Search Console

Bing ウェブマスターツール

Goodle AdSense

Amazon アソシエイト

 

三者配信の広告サービスとCookie

当サイトでは、第三者配信の広告サービスである「Goodle AdSense」及び「Amazon アソシエイト」を利用し、第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告が掲載されます。
この広告サービスでは、上述のCookieを利用することで、ユーザーが当サイトに訪れた情報や過去他のサイトに訪れた情報に基づき、適切な広告を表示します。
Cookieを利用した広告を無効にする方法についてはこちらの広告設定をご参照ください。

 

当サイトへのコメントについて

当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。
全てのコメントは管理者が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。
加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

  • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
  • 極度にわいせつな内容を含むもの。
  • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
  • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

 

プライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。
修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

 

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイト管理者は責任を負いません。


初出掲載:2018年6月2日


URL変更:2020年2月5日

このブログに関して

アクセス頂き有難うございます。

当ブログは主にブログ管理者が残しておきたい思ったことを書いております。

現状ゲームブログのようになっておりますが、その他記事も書く予定です。

 

記事にはゲーム内画像等を使わせていただいておりますが、著作権は各権利者様に帰属しておりますので画像の転載・流用はしないようにお願いいたします。

著作権侵害を目的とした旨はございません。

権利者様側からの画像等の削除の依頼や警告は速やかに対処いたします。

お問い合わせはこちらよりお願いいたします。

また、プライバシーポリシーに関してはこちらを御覧ください。

 

また当ブログにて記載している内容に関して無断使用・転載はご遠慮願います。

内容は情報が古くなっていたり不確実なものもございますので、十分注意し自己責任にてご利用ください。

 

おでぼで 備忘録 管理者

【黒い砂漠MOBILE】『画像付』知識集め-冒険-(クロン城編)バレノス自治領編

f:id:odebumaru:20190404162931j:plain

知識ー冒険ーバレノス自治領(クロン城のみ)

知識収集の記録と兼ねてこちらにまとめます。冒険は画像と合わせてまとめ、地域ごとに記事を分けます。

その他の知識はこちらにまとめてあります↓↓↓

 

odebudy.hatenablog.com

 

知識ー冒険ーバレノス自治領編(クロン城のみ)

一覧

 

f:id:odebumaru:20190404162605p:plain

知識ー冒険ーバレノス自治領(クロン城のみ)

バレノスの悲劇

最大HP:2 クロン城入り口、巡察路へ行く入り口付近

クロン城入り口からクロン城巡察路まで移動
巡察路へ入る手前の広場の壁際のテントの横(テントの前には地べたに座る敵がいる)

黒い砂漠MOBILE-バレノスの悲劇

バレノスの悲劇


闇の神、ハドゥム

攻撃力:1 クロン城巡察路、錬金術師の部屋

クロン城巡察路の繰り返し依頼受注場所からクロン城入り口方面に橋をふたつ戻った小脇の小部屋(球体のオブジェ有り)

画像の右上の球体付近に【バルタリ3世とカプラス1】

黒い砂漠MOBILE-闇の神、ハドゥム

闇の神、ハドゥム

 
バルタリ3世とカプラス1

釣り経験値獲得量:1% クロン城巡察路、錬金術師の部屋

知識【闇の神、ハドゥム】付近

画像右上付近に【闇の神、ハドゥム】

黒い砂漠MOBILE-バルタリ3世とカプラス1

バルタリ3世とカプラス1


バルタリ3世とカプラス2

採集経験値獲得量:1% クロン城巡察路、突き当りの門

繰り返し依頼受注場所からクロン城入り口方面に橋を一つ戻り、さらに左の橋を超えた少し大きめの空間の先にある突き当りの門付近
(繰り返し依頼からクロン城方面に向かう道からも行ける)

黒い砂漠MOBILE--バルタリ3世とカプラス2

バルタリ3世とカプラス2


バルタリ3世とカプラス3

領地民生活力:1 クロン城

繰り返し依頼受注場所から階段を一つ登った先の部屋のさらに奥

黒い砂漠MOBILE-バルタリ3世とカプラス3

バルタリ3世とカプラス3

f:id:odebumaru:20190404161323j:plain

バルタリ3世とカプラス3補足


バルタリ3世とカプラス4

領地民生活力:1 クロン城

繰り返し依頼受注場所の隣の部屋の本棚

f:id:odebumaru:20190404161703j:plain

バルタリ3世とカプラス4


バルタリ3世とカプラス5

領地民労働力:1 クロン城

繰り返し依頼付近、上り階段手前

f:id:odebumaru:20190404161639j:plain

バルタリ3世とカプラス5


あの日のこと1

領地民生活力:1 クロン城

繰り返し依頼からクロン城海底洞窟方面に階段を二つ上がった先、上り階段が4つ繋がっている部屋の手前。

f:id:odebumaru:20190404161604j:plain

あの日のこと1


あの日のこと2

領地民生活力:1 クロン城

クロン城海底洞窟に入る部屋の隣の部屋(直接は繋がっていない)
同じ部屋に知識【バラタリ家の呪い】【クロン城祭壇】あり

f:id:odebumaru:20190404161410j:plain

あの日のこと2


バルタリ家の呪い

攻撃力:1 クロン城

クロン城海底洞窟に入る部屋の隣の部屋(直接は繋がっていない)の椅子付近

同じ部屋に知識【あの日のこと2】【クロン城の祭壇】あり

f:id:odebumaru:20190404161452j:plain

バルタリ家の呪い


クロン城祭壇

攻撃力:1 クロン城

クロン城海底洞窟に入る部屋の隣の部屋(直接は繋がっていない)の椅子の隣の球体のオブジェ付近(横にイゴール・バルタリがいる)

同じ部屋に知識【あの日のこと2】【バルタリ家の呪い】あり

f:id:odebumaru:20190404161541j:plain

クロン城祭壇


バレノスの守護神

防御力:1 クロン城海底洞窟

マップ角部屋の松明付近
クロン城入り口から繰り返し依頼受注方向を見て左上の部屋

 

f:id:odebumaru:20190404161734j:plain

バレノスの守護神

f:id:odebumaru:20190404161856j:plain

バレノスの守護神補足

 

【黒い砂漠MOBILE】サブキャラ育成して戦闘力を上げよう!

黒い砂漠MOBILE-サブキャラを育成して戦闘力を上げよう!

サブキャラを育成して戦闘力を上げよう!

 

黒い砂漠mobileでは一つのアカウントで複数のキャラクターが育成できます。メインキャラ一筋でサブキャラクタ育成はしないという方もいるかもしれませんが、サブキャラクタ育成はメインキャラクタの強化にも役立ちます。この記事ではサブキャラクター育成のメリットを紹介します。

 

 

サブキャラクタ育成のメリット

サブキャラクタの育成は別の職業を楽しみたいということもあるのですが、メインキャラクタの戦闘力に上昇に役立つという観点でそのメリットを紹介します。メインキャラで延々と放置狩りでドロップで強化という方法もありますがサブキャラ育成で得られる報酬も十分魅力的です。

サブはサクサク育成できる

また1からゲームを始めないといけないのかと億劫になる方もいるかもしれませんが、サブキャラ育成は意外と楽に進みます。家門(自分のアカウント)内のキャラクタは領地の倉庫を通じて装備品や一部のアイテムを共有できるため、育成開始直後から高い戦闘力を得られます。

 

最大の恩恵はクエスト報酬

大きな恩恵の一つがこの報酬です。報酬の中には凝縮された黒いオーラ、ブラックストーン、討伐・古代遺跡入場用アイテム、貢献度経験値などが再度もらえることです。固定報酬として確実にもらえるというのが大事な点です。

 

黒い砂漠MOBILE-育成時の報酬と戦闘力強化

育成時の報酬と戦闘力強化

闇の精霊強化による戦闘力上昇

闇の精霊は家門で共有するため、サブで得た凝縮された黒いオーラや不要な装備品は闇の精霊に吸収させて強化することで家門全体の戦闘力を上昇させることができます。特に後半になるほど闇の精霊の強化が戦闘力を伸ばすのには重要です。

 

装備品の強化による戦闘力上昇

装備品や強化に用いるブラックストーン、水晶は領地の倉庫を通じて移動可能なので強化アイテムを任意の装備品に使用することができます。

 

その他強化(教本・水晶・光原石)による戦闘力上昇

スキル教本・水晶・光原石は領地の倉庫を通じて任意のキャラクタに移動させることができます。サブキャラクタの強化を最低限としてメインキャラにスキルの書を渡してメインキャラクタを強化することができます。また光原石板はキャラクタ毎に別なので注意してください。

 

貢献度経験値による領地運営の効率化

サブキャラ育成過程で貢献度経験値の高いクエストを受注できます。繰り返し受注可能な貢献度経験値の高いクエストは少ないので貢献度をあげたいときにもサブキャラ育成は役立ちます

こちらは間接的な要素となりますが長時間プレイするほど影響は大きいものとなるので軽視できません。領地内では水晶やブラックストーンの精製などによって戦闘力強化に役立ちます。貢献度と領地は家門で共有なので貢献度経験値を貯めることで貢献度を増やしより良い能力の領地民を雇用することができます。領地民の能力向上は採集や製作時間の短縮になるため可能な限りあげておきたい要素です。